イメージ画像

マイカーローンと残価設定型クレジット
どっちがお得か比較してみました!

残価設定型クレジットで車を買ってみた

3年間乗った日産セレナを買い替えることになりました。

実はこのセレナ、残価設定型クレジットを使って3年前に購入したのです。

3年間で乗り換えるつもりなんてなかったのですが、カーディーラーの営業マンから「とにかくお得ですから!」と勧められるがままに契約してしまいました。

マイカーローンの金利比較とかするのも面倒くさいので、とりあえずその人の言うことを聞いて残価設定型クレジットでセレナを購入しました。

確かに毎月のローン額は思ったよりも少なくて助かりました。

でも、残価の金額がローン支払いの最終回にドカーンと残っています。

最後の支払いのときに、「車を買い換える」「車を返す」「車を買い取る」の三つから選択しなければなりません。

最初は車を買い取るつもりでしたが、残価が150万円くらいだったので「現金一括は厳しいなぁ~」ということになりました。

ローンで支払うという手もあったのですが、それだったら新しい車に買い換えた方がいいんじゃないか思い「車を買い換える」という選択肢をやりました。

しかしここからが大変だったのです。


残価設定型クレジットの注意点

残価の金額を下取り価格として相殺して新車を購入することができるはずだったのですが、なんと規定の走行距離を超えていたそうなんです。

それも結構な距離を超えてたので、かなりの料金が発生することが分りました。

さらに車体にも傷が結構ついていて、そっちの査定でも引っかかり別途費用が発生すると言われてしまいました。

とりあえず今全体でどれぐらいの金が必要になるのか、シミュレーションしてもらっているところです。

残価設定型クレジットって、ローンを払いつつも結局は自分の車ではないので傷などがついてしまうとお金を払うことになっちゃいます。

どれぐらい払うかによって変わってきますが、やっぱり車を買い取ることにして残りの金額はローンで支払っていこうかと思います。

こんなことなら最初から綺麗に車を乗るようにしておけばよかったです。

でもぶっちゃけて言うと、走行距離を気にしたり傷を気にしたりしながら車に乗るのはなんか嫌ですよね。

自分の車じゃないからしょうがないけど、やっぱり車を買うからには気兼ねなく乗りたいものです。

そういう意味では普通にローンを組んで車を買った方がよかったかもしれません。

ちょっと後悔しています。

もちろん残価設定型クレジットもデメリットはあります。

そちらも併せて知っておきましょう。>>残価設定型クレジットのデメリット

このページの先頭へ